2020年02月17日

中級第17,18回 2020-2-16 <ハーブのシロップ・ジュース、チンキの活用><ハーブの歴史・和の香り>

午前第17回<ハーブのシロップ・ジュース、チンキの活用>
 スクールの活動場所である下曽我は今梅が真っ盛りです。みのり館のキッチンの窓からその風景がよく見えます。まずはキッチンに集合し、ハーブのシロップやジュースを作りました。エルダーフラワーにラベンダーとネトルをブレンドした感染症や花粉症予防のための、今の時期にオススメの美味しいシロップです。そして疲労回復にオススメの色鮮やかなローゼルのジュース、これは特に夏に冷やして飲むのがオススメです。そしてショウガとスパイスの効いたジンジャーシロップ、昼食時、炭酸で割って手作りジンジャエールを楽しみました。そのほかタイムのシロップそしてバラのチンキで作るシロップなども紹介しました。
スクリーンショット 2020-02-17 11.21.42.png
IMG_2241.jpg
チンキの活用では、初級で学習したチンキの発展学習として、それぞれの植物、そしてターゲットにする有効成分・分子をとるためのチンキ作りについて学習しました。アルコール度数の違いにより抽出される成分分子の違い、色の違いなど、そしてそれらの活用方法(先に述べたバラのチンキで作るシロップもその一つ)などについてです。色を楽しみ、少し舐めて味わってみたり、どんなふうに活用しようかなど考えながら、各自2種類のチンキを作りました。
スクリーンショット 2020-02-17 13.41.17.png
IMG_2239.jpg


午後<ハーブの歴史・和の香り>
 午後はハーブの歴史です。中級では特に日本のハーブ、及び香りの歴史に焦点を当てて学習しました。実習では、様々な香料、和の香り体験、そして薫物作りを行いました。香料を組み合わせて作るえび香(匂袋)、そして様々な粉末の香料を練り液で練り合わせて作る空薫物(練香)を作ってみました。見本に作った練香を焚きながら焚き方なども知っていただきました。練香は半年熟成させ寝かせて完成までに1年かかります。でもすぐに焚いて見たいのが心情。すぐに焚いた香りと熟成後の香りでどのように違うのかも体験してみると良いですね。
スクリーンショット 2020-02-17 13.38.44.png
IMG_2226.jpg
スクリーンショット 2020-02-17 13.39.12.png
posted by インストラクター at 13:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

中級第15,16回<スパイスカレ><ハーブの植物学>

午前<スパイスカレー>
8月に20種類のスパイスをブレンドしてカレー粉を作りました。5ヶ月経ってしっかり熟成したこのカレー粉を使って、今日はチキンのスパイスカレーを作りました。
スクリーンショット 2020-01-19 22.28.31.png
メニューは、チキンのスパイスカレー、ターメリックライス、ハーブと果物のサラダ、マサラチャイです。
スクリーンショット 2020-01-19 21.35.04.png
IMG_2072.jpg
カレーだけでなく、ターメリックライス、マサラチャイなど、様々なスパイスをふんだんに使ったメニューでしたが、どれもとても美味しくできました。少し時間がかかるかしらと思っていた作業も、皆手際良く分担して、
煮込む時間も充分とることができました。ターメリックライスもとても綺麗で美味しい仕上がりでした。スパイスの利いたカレーに、甘くて香りの良いマサラチャイはやはり合いますね。あっという間に皆完食。満足な昼食となりました。
IMG_2074.jpg
前回11月のクラフト講座で作る予定だったスパイススプーンのクラフトですが、時間がなくてできませんでした。それで作り方や事例などの紹介をして、各自材料を持ち帰り、今回作ったものを持参することになっていました。みなさんいろいろ工夫されて、とても楽しいものを作ってきてくださいました。
スクリーンショット 2020-01-19 23.23.22.png


午後<ハーブの植物学>
植物学は、今回が3回目です。ハーブの化学、香り成分の構造、植物の形態学など、植物の基本的な大切な部分なのですが、深く専門的な理解も必要になります。その分少し学びにくい部分かもしれません。今日は残っていた分類学について、そして学名についてお話しし、考えていただきました。
posted by インストラクター at 23:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

中級13,14回 2019-11-24 <藍染布とレモングラスで作るスリーピングピロー>

 今日は、先日皆で集まって作ったインド藍の絞り染め布と、夏に藍の生葉染めをして置いた布を使って、レモングラスの干し葉を入れたスリーピングピローを作りました。
 
まず、家で染めてみたもののお披露目会からスタートしました。絞り染めをした際、帰りに染液を少しずつ持ち帰っていただきましたが、家で作ったものをみなさん持ってきてくださったのです。それで、絞り方やら、苦労したことやら、失敗談やら、しばらく楽しい話に花が咲きました。みなさん工夫されていて、とても素敵に染め上がっていました。
IMG_1858.jpg

 さて、今日の講座です。まず2枚の染め布で、外袋を作りました。講座の内容を計画したときには、内袋なしで考えていましたが、内袋があった方が本当はいいと思うんだけど・・・、なんて話を前回集まったときにしたところ、みなさん内袋を家で作ってきてくださったんです。これには本当にびっくりしました。おかげでしっかりしたものができました。
 外袋を仕上げた後、レモングラスを刻みました。レモングラスは1ヶ月ほど干して置いたものですが、大量にあったこともあり、刻むと香りがあたり一面に漂いました。

 スクリーンショット 2019-11-25 15.18.42.png

 色とりどりの内袋にレモングラスを詰め、周りにコットンを緩衝材として、少し加えながら、外袋のポケットには香り付けに茶袋に入れたラベンダーを入れて完成です。
スクリーンショット 2019-11-25 15.19.03.png

 レモングラスは、消化促進、駆風、抗菌、殺菌、虫除けなどの作用も期待できます。また藍は、日本では古くから、身体と健康を守ってくれるものとして染めた布を身に纏ってきました。そんな植物たちの力借りて、今回の作品が健康な生活の一助になるといいですね。

IMG_1892.jpg

IMG_1884.jpg
posted by インストラクター at 15:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする