2020年08月07日

中級第5.6回講座 2020-7-19 <ハーブの植物学><クレイについて、クレイの活用>

だいぶ報告が遅くなってしまいましたが、去る7月19日に中級の講座を行いました。

午前の第5回講座では、植物の分類、形態、そして香り成分の構造などについて学習しました。身近にある植物ですが、植物の形態や構造については、複雑で知らないことがたくさんあります。それだけに難しく感じるテーマでもあります。しかし植物というものをより深く知る上でとても大切なテーマでもあります。

午後の第6回講座では、クレイを取り上げました。ハーブでクラフトなど作る際、クレイを活用することがあります。クレイの吸収、吸着作用は、除湿、消臭作用や、皮膚の抗菌、汚れ取りの作用につながります。そうした作用を期待して、サシェに利用したり、石鹸作りに活用したりすることがよくあります。
でも使うなら、基本的なことは知っておいて欲しいです。それでクレイについての学習を取り入れました。またクレイは、美容、健康面で様々な不調の改善・緩和に古くから役立てられてきた自然療法の一つです。種類もいろいろあり、それぞれの特徴や使い方も異なります。注意点など確認しておく必要もあります。どんな時にどんなクレイを使うのが良いか?どんな方法で使ったら良いのか?知っておきたいことはいろいろあります。そんなクレイのいろいろについて学びました。
そして、後半は、みなさんに、足のクレイパックを体験していただきました。
今年の7月は、雨が多かったですね。ここ神奈川西部ではほとんど雨でした。蒸し暑さも感じつつ、足の冷えも感じる、足がなんとなくむくんでいる。天候の鬱陶しさとコロナと共にある日々は、精神的にもいつも以上に疲れを感じたり、ダメージのある日々でした。そういう方は多かったのではないかと思います。
足のクレイパックの体験を通して、こんな時にもクレイが役立つことを知っていただけたのではないかと思います。
スクリーンショット 2020-08-04 22.10.57.png
posted by インストラクター at 00:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

中級講座 2020-6-7 ガーデン見学会

 中級コースの年間目標の一つに、「my garden作りー計画と実践」を挙げています。初級コースでは、まずタネを播き、苗を植えて、ハーブがどのように育ち、どんなものに活用し、どんなふうに一年を過ごすのか、それを学ぶことからのスタートでした。その間には虫対策の工夫、ハーブを育てるための土作りなど栽培に関する様々なことがありました。中級ではそれらの知識を生かして、my gardenという、自分と植物(ハーブ)との愛しい場所を作ることが目標です。住環境も違います。使える場所や広さも違います。また目的や理想とするものも違います。自分で考え、実践を積み重ね、自分なりのmy gardenを作っていきます。
 実際のガーデンを見ることで、いろいろな植物と出会い、発見もあり、イメージ作りにもつながると思います。
 まず松田山のハーブガーデンを訪ねました。5月30日から外部園内のみ再開され、ボランティアの方々が園内の整備を行っていました。フレンチラベンダー、ダイヤーズカモミール、セージ類などがきれいに咲いていました。大木になっているティートウリーやユーカリもなかなか目にすることはできないので良い機会になりました。ここにはエルサレムセージがたくさんあるのですが、5月頃に黄色い大きな花をつけるので、今は終わった後でしたが、不思議な茎の伸ばし方には皆注目!でした。
スクリーンショット 2020-06-08 1.54.29.png

小田原フラワーガーデンへの途中、<春めき桜>(南足柄のブランド桜)の開発に携わった古屋さんという方のユートピア農園で、ひまわりが満開の時期を迎えているので立ち寄ってみました。果てしなく広がるひまわり、見事な風景でした。このあたりでは春は春めき桜、今はひまわりと目を楽しませてくれますが、夏になると白くて甘い玉蜀黍が売り出されます。
スクリーンショット 2020-06-08 1.55.07.png

 ここから車で15分ほどのところに小田原フラワーガーデンがあります。6月2日に再開され、初めての日曜日ということで家族連れの方などが園内を楽しんでいました。ここもまだ外部施設のみの開園で、隣にある清掃工場の余熱を利用した大きな熱帯ドームには残念ながら入ることはできませんでした。春バラの下半期に当たり、まだたくさんのバラが咲いていました。バラ園を一回りした後、お昼にしました。
スクリーンショット 2020-06-08 1.57.08.png

 ここは、かつては小田原市営農場だったところで、この地域の作物や産物である梅の品種改良などがなされてきました。形を変えて久しくなりますが、今でも梅の改良や研究がなされていて、梅園には200種以上の様々な品種の梅が、美味しそうな実をたくさんつけていました。種類も違えば大きさも形もいろいろで、皆あちこち行ったり来たり、梅の品種名と梅の実に夢中になっていました。こんなに梅に夢中になったことはなかったかもしれませんね。梅園の奥には、大きな池があり、ぐるっと、今を盛りに、色とりどりの花菖蒲が咲き誇っていました。池の中の睡蓮も咲き始めて、長閑で穏やかな風景でした。 
スクリーンショット 2020-06-08 1.57.19.png

 コロナの影響で、例年5月にスタートする中級コースですが、5月は集まっていただくことができず、教材等を郵送してのリモートによる勉強会などで過ごしてきましたが、ようやく集まっていただくことができました。
 緊急事態宣言が解除になったとは言え、コロナが隣にいることには変わりありません。より一層の注意も必要です。今回は屋外での活動であり、人出も多くはなく、ゆったりと植物たちの姿を楽しむことができました。
 美しい植物たちの中に身を置くだけでも、私たちの心は和らぎます。でも和らぐのは心だけではありません。植物の存在が私たちを作り、健康な体のメカニズムを作ってくれていること、植物あっての私たちであることを、コロナは改めて思い起こさせてくれたように思います。
 
posted by インストラクター at 23:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

2020-3-15 中級最後の講座

だいぶ報告が遅くなってしまいました。3月15日今年度の中級コース最後の講座を行いました。新型コロナウイルスのことがあって、この日は部屋をゆったりと使い、窓を開けるなどして換気をよくし、皆で注意をしあいながら行いました。活動施設の「みのり館」周辺は、梅林と畑で、普段でも、何か催し物がない限り、ほとんど人の姿は見かけません。
新型コロナウイルスによる自粛は、それに輪をかけて施設の外も中もひっそりとしていました。
さてこの日は、みなさんが用意して下さった研究レポートの発表でした。中級今年度の研究レポートのテーマは、「私のガーデニング計画と実践」です。それぞれ条件は異なりますが、みなさん、いろいろ考えながら、苦労しながら、しっかり計画をたて実践していることがよくわかるレポートでした。ガーデニング計画を立て作ることも大変ですが、さらに変化する季節の中で維持管理していくこともまた大変なことです。でもこうして植物と付き合っていくことは大きな楽しみでもあると思います。皆さんが1年をかけて作り上げた、マイガーデンは、この先さらに素敵なものになっていくと思います。楽しみですね。
学んだことを生かして今後さらにハーブと関わる世界を広げていって欲しいと思っています。
スクリーンショット 2020-03-20 23.43.43.png
スクリーンショット 2020-03-20 23.44.02.png
スクリーンショット 2020-03-20 23.48.27.png


すっかり春です。陽光も満開になりました。染井吉野が美しく咲き誇る日も、もう目の前です。とにかく1日も早い新型コロナウイルスの終息を願うばかりです。
IMG_2362.jpg
posted by インストラクター at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする