2019年07月23日

(中級インストラクターコース)2019-7-21 第5回6回講座

 2019-7-21午前 第5回講座 テーマ<ハーブの植物学・・構造、形態、器官>

 ハーブといえば、その香りや辛味・甘味と言った味わい、また花の色や可愛らしさこんなところに心惹かれて、食の世界に活用したり、部屋の彩りに飾ってみたり、色素を利用して染色してみたり、庭やベランダに植えてみたりと、私達の生活空間はとても豊かなものになります。そして私たちの心、からだに安らぎや優しさ、元気ややる気など、大きな効能をもたらしてくれます。
 でもそれらの存在を植物側から見てみて見たらどうでしょう。植物は、当たり前のことですが、今を生きています。固定された場所で生きる植物たちのからだの中には、自分がある環境の中で生き、子孫を残すための知恵がたくさん詰まっているのです。そもそも地球を生き物が住める酸素の惑星にしてくれたのが植物たち。植物たちのからだの構造、葉や花の色や形態にはそれぞれ意味があり、香りや辛味といった成分にも大切な意味があります。今日はこんなことを学習しました。植物に対する魅力と愛おしさが一層増していただけたら嬉しいです。
 また私たちには茎と見えるところが実は葉の一部であったり、種と思っているものが硬くなった果実だったりと、私たちにとっては紛らわしく見える器官についても学習しました。実際の植物を手に取ったり、隣にあるハーブ畑で確認したりしました。
IMG_20190721_100459.jpg

IMG_1243.jpg

 講座では、毎回皆さんに、ハーブティーを入れていただいています。個人ではなかなか様々あるなドライハーブを用意することができないので、こうした機会に、いろいろなものの中から自分で選択し味わいや作用なども知っていただきたいと思っています。今回のような講義中心の講座も、ハーブティーを味わいながら、これ美味しい!とか、色がきれい!とか、こんな効能があるらしい!などなどの要素も加わり、気分転換にもなります。
IMG_20190721_125258.png
 そんな中で、皆さんに私からも一つ紹介しました。畑のブラックマロウが花をつけたので、ブラックマロウのお茶のです。真っ黒なコーヒーのような色をしていますが光に透かすと紫がかっています。香りも味わいもはっきりしたものではありません。かのヒポクラテスもハーブを使った療法には、消化器系や喉の療法に使ったと言われています。レモン汁を垂らすと鮮やかなワインレッドになりました。ブルーマロウもレモン等を垂らすとピンク色に変化するというのはよく知られていますが、ブルーマロウと違って色が濃いのは見てのとおりですが、色が抜けません。面白いですね。
IMG_1237.jpg

IMG_20190721_100934.jpg

IMG_1247.jpg



2019-7-21午後 第6回講座 テーマ<クレイの活用>

 ハーブのクラフト、例えば石けん作りやモイストポプリ作りなどにも活用されたりするクレイですが、クレイそのものについても基本的な部分については知っておいてほしいものです。そこで今日は、クレイってどんなもの?クレイってそもそもどんな作用をするの?クレイの感触ってどんな?などの疑問を解決しながら、実際の体験を通して知っていただきました。クレイを活用する際役に立つとおもいます。
IMG_20190721_134301.png

IMG_20190721_135236.jpg

IMG_20190721_135617.jpg

IMG_20190721_141418.jpg
posted by インストラクター at 13:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

中級第3、4回講座(2019-6-16)ガーデン見学会

中級第3、4回講座(2019-6-16)
 ガーデニングの学習の一環として、今日は近隣のフラワーガーデンの見学会を行いました。
午前は、「松田山ハーブガーデン」。松田山の日当たり良好な南斜面約4000㎡の地にたくさんのハーブが植えられています。ユーカリやティートゥリーの大木もあり、ティートゥリーは今が盛りとたくさんの花を咲かせていました。アカンサスは立派な花房を誇らしげに、眼下に広がる酒匂川と町並みと対峙しています。マートルもたくさんの蕾をつけ、カメムシが蜜を求めて這い回っていました。セージ類、ラベンダー類、ゼラニウム、ベルガモット、レモングラス、アーティチョーク、サントリナ、マレイン、まあ様々なハーブが植えられていました。斜面からの見晴らしも素晴らしく、特に雨上がりの今日は、はるか彼方まで澄み渡り、気持ちの良い爽やかなひと時となりました。
IMG_1050.jpg

IMG_1080.jpg

IMG_1045.jpg

IMG_1040.jpg

IMG_1047.jpg

IMG_1054.jpg

IMG_1059.jpg

 午後の訪問先である「小田原フラワーガーデン」へ向かう途中に、ひまわり畑があります。緑肥としてこの時期ひまわりが植えられ、目を楽し
ませてくれます。もう半分は刈り取られ鋤きこまれた後でしたが、まだ少し見ることができました。
IMG_1084.jpg

「小田原フラワーガーデン」は、かつては小田原市営農場で、この地区の作物の新種や品種改良など農業に関する研究がなされていたところです。今では場所もこの地に移り、訪れる人々の目を楽しませる美しいガーデンになっています。梅の品種の研究がなされていて、200種を超える梅が大切に育てられています。春バラのシーズンは終わり今は花菖蒲と睡蓮が見頃の季節です。とは言ってもまだまだバラも美しく咲いていました。
IMG_1089.jpg

IMG_1092.jpg

IMG_1135.jpg

 ここではツアーガイドをお願いしました。梅の実がたわわになる梅畑を通り、梅の栽培、手入れ、新品種などの説明を聞きながら奥に広がる花菖蒲と睡蓮の池に向かいます。睡蓮は赤や白の花を咲かせ、周辺一帯に植えられた花菖蒲も見頃を迎えて、美しくのどかな風景が辺りに広がっていました。ガーデンを美しく保つための手入れや研究などが日々熱心に、情熱を持って行なわれていることなどお話を聞くことができました。途中絵を描いている方にお会いしました。毎日この地を訪れ絵を描いていらっしゃるそうです。この地は穏やかで本当に花菖蒲や睡蓮が美しいとおっしゃっていました。
IMG_1100.jpg

IMG_1120.jpg

IMG_1112.jpg

IMG_1118.jpg

 ここには大きな「トロピカルドーム」があります。隣にある小田原市環境事業センターゴミ焼却施設の余熱を利用し、温度を22度に保っている施設です。ドームの中には熱帯植物特有の珍しい形や色をした植物が約300種類ありました。ブルーの花が美しいヒスイカヅラは時期を過ぎていましたが、ドームの高い天井から滝のように列なり降りるブーゲンビリアは圧巻でした。
IMG_1141.jpg

IMG_1146.jpg
posted by インストラクター at 12:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

2019年度 中級コースがスタートしました

2019-5-19 午前午後(第1回、第2回)講座
第1回講座 テーマ<ハーブの栽培、ガーデニング>
 中級コースでの栽培は、ガーデニングを実践し楽しむという大きなテーマになります。コンテナ栽培でも、庭の一角に花壇やコーナーを作るでも、人それぞれ、場所や広さ形の設定とそこに植えるハーブ、目的やスタイルは自由です。でも自分が作りたいと思うものを、計画を立てて実践していきます。そこで今日は、プランニングにあたって、また実際の栽培にあたって留意すべきことなどを学習しました。更に発展的に、個の植物との向き合い方が、地域や社会の環境作りにもつながっていること、また緑化に対する国や、企業の取り組みなどについても学びました。
 皆さんには、計画書を作成しながら、これから各自の目標に向かって実践して行っていただきますが、楽しい作業になるはずです。思い切り楽しんで欲しいと思っています。
 最後に、栽培実習の一例として、寄せ植え実習を行いました。でも今回は、各自が植物を自由に選択して行いました。
 用意したものは、2種類のラベンダー、ゴツコーラ(ツボクサ)、マジョラム、カレンデュラ、ワイルドストロベリー等のハーブ類に、忘れな草、ムスカリ、白妙菊、ペチュニア、クリムソンクローバー、オダマキ他の山野草を取り混ぜました。
IMG_20190519_112617.jpg

IMG_0850.jpg

IMG_0861.jpg

第2回講座 テーマ<メディカルハーブー季節と女性>
 今回は、<季節と女性>というテーマで学習し、それらを考慮して用意した様々なハーブについて紹介しました。その上で皆さんには、まず蓋を開けて匂いや香りを確認し、少し食べてみて味わいを知り、初めて知るハーブは教科書や辞典でどのような植物なのかを知り、どのような効能を持っているのかを確認しながら、自分が飲んでみたいと思うものを、各自がチョイスして、他の方々にハーブティーを入れてあげる、ということを行いました。
IMG_20190519_130510.png

IMG_0863.jpg

そして2つ目の実習として、粉末ハーブと蜂蜜を混ぜて作るハーブ飴を作りました。メディカルハーブに関する本には、いろいろなハーブの活用法が紹介されています。それらを参考に、アレンジを加えて、ハーブ飴を作ってきましたが、今回皆さんに紹介したものは、私が色いろ作ったハーブ飴の中で、美味しいと思っているものです。ですが、皆さんにはどうだったでしょうか。喉や気管支の保護に加え、身体の滞りやミネラルの補給を考慮した組み合わせのハーブ飴です。コーティングは、キャロブのものと、マシュマローとリコリスを混ぜたものとの2種類にしました。飴とは言ってもヌガーのような噛み心地のものです。楽しみながら、日々の生活の中に、いろいろな形でハーブを手軽にとり入れて、健康な毎日を過ごしたいと思っています。
IMG_20190519_142405.jpg

IMG_20190519_145105.jpg
posted by インストラクター at 08:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする